SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

WOOD EGG GARDEN SENDAI

 建築計画は、人と地域に対し地元の木を基に「学び、楽しみ、体験し、広める」場をつくり、今後「中規 模木造建築」にも事業展開していく企業方針から、建築自体がその展示施設の役割を担うよう計画している。
配置計画は、交差点角に駐車場に合せてセンターハウス棟を平行に置き、切妻屋根を敷地角度に沿って徐々に広げ 配置している。この事により、道路とモデルハウス棟と景色が繋がり、街へ開かれた施設になる建築形態となった。
 構造計画は、特殊な技術を使わず普及を目的に、地場産杉材を自社プレカット工場で製材し、地元の人と技術を基に建設できる、1.5間×2.0間の在来モデュールプランで設計している。
 ラウンジ空間は「みんなの広場」と捉え、多目的に使用できる大きな吹抜空間としている。屋根野地CLT板t36个療薫飜未蓮天窓をランダムに配して空間に樹林の木漏れ日を感じる心地良い環境としている。
 空調計画は、無垢材現しの木質空間に直接風を避けるよう「床下冷暖房システム」を採用している。機器類が隠蔽されているので木質空間をより美しく整える効果を与えている。

  • 所在地  宮城県富谷市
  • 構造規模 木造地上2階建て
  • 竣工時期 2020年4月
  • 敷地面積 995.58屐 301.2坪)
  • 延床面積 646.56屐 195.6坪)
撮影/西川公郎

WEG001W400
01
上空全景

WEG008W400
02
東面ファサード

WEG013W400
03
歩道より軒下空間を見る

WEG021W400
04
東面夜景

WEG024W400
05
ラウンジ空間

WEG027W400
06
ラウンジ空間

WEG032W400
07
2階より吹抜け空間を見る