SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

新田の家 −茶室のある平屋−

敷地は、仙台市内の住宅地で南西側・南東側と生活往道路の交差点に接する角地に位置しています。
建築は、「騒音・防犯とプライバシー」「風と光」の視点から、道路に対して閉じつつ中庭に面して開く中庭コートハウスのプランを採用。
道路からの騒音や視線を防ぎつつ中庭と坪庭から程好い光と風を取り込みます。
各諸室の広さにゆとりを持たせた、のびやかで健康的な住宅となるよう計画しています。

  • 所在地   宮城県仙台市宮城野区
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2015年5月
  • 敷地面積 417.04屐126.1坪)
  • 延床面積 214.04屐 64.7坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
新田の家 01
01
南西側外観。

新田の家 02
02
茶室より岩付松を配した茶庭を見る。

新田の家 04
03
リビングよりダイニング、プレイルームを見る

新田の家 05
04
プレイルームよりリビング、玄関を見る。