SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

高森の家 −薪ストーブと土間玄関のある家−

閑静な住宅地の中で、アウトドアの趣味を生かし快適に暮らせ、趣味と日常で使用する物を適材適所に収納でき、かつ日常動線にも配慮する事を主題と捉えた計画です。
建築は、シンプルながらも別荘風の建築デザインで纏めています。南側外部と内部空間は木質系の仕上げとして「薪ストーブ」の似合う分意気を演出しています。
1階は、LDKの裏側にバッククロークなどのサービスルームを並べ、階段から浴室まで家族動線を繋ぎ、昼夜の舞台裏に対応できるように配置しています。また、土間玄関から続いた正面には、ポーチから連続した広い室内物置を設けています

  • 所在地  仙台市泉区高森
  • 構造規模 木造地上2階建(KES構法・集成軸組材)
  • 竣工時期 2007年7月
  • 敷地面積 270.35屐81.7坪)
  • 延床面積 149.06屐45.1坪)
撮影/中吉 満(アートプロフィール)

01
南前面道路側外観。


02
南前面道路側外観。


03
ポーチ廻り。


04
土間玄関ホール。


05
居間:台所方向を見る。
左が広場、右手前がワークスペース。


06
居間:台所より薪ストーブ方向を見る。
正面左扉が土間玄関、右扉がシューズルーム、正面壁後ろが階段。


07
2階コモンスペース。


08
バッククローク。右側両サイドが居間と繋がっている。