SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

小松島AP

「スタジオリビングの提案」 

仙台市小松島に位置する築20年の木賃アパート2棟の改修工事です。
既存間取りは、当時多く見られた和室中心の3DKでした。建築の老朽化よりも間取りがニーズに合わなくなったため、インテリアの改修が主な工事でした。
計画では、入居対象者を若単身者層や2〜3人家族住まいなど、現代の多様な生活スタイルを捉え広い1LDKを構成することで、時代の変化に耐え得る共同住宅となる様、提案しています。
化粧柱で視覚的に区画されたリビングでは、音楽・クラフト・アウトドアなど趣味の空間(スタジオリビング)としても利用できます。

  • 所在地  仙台市青葉区小松島
  • 構造   木造地上2階建
  • 竣工   2006年7月
  • 敷地面積 962.99
  • 延床面積 591.26
撮影/中吉 満(アートプロフィール)

01
A棟外観正面。
A棟の半分を解体撤去し、駐車場と二輪車置場をつくっています。


02
洗面所付近からリビングを見る。
右にキッチン、正面先はバルコニー・テラス。


03
リビングから玄関方向を見る。
左側のオープンキッチンは、上部に飾り棚が付いている。


04
リビングからオープンキッチンを見る。
奥には洗面所・脱衣室がある。
キッチンから水回りまでの壁は木質合板張り仕上げとなっている。


05
オープンキッチン正面。
カウンターは洗い物が見えない高さとしている。


06
右は脱衣室越しにシステムバスルーム。左はシャワー付洗面化粧台。


07(既存)
右のA棟先の半分を解体撤去して駐車場とし、左のB棟寄りに二輪車置場を設置する改修計画。


08(既存)
玄関を入るとDK、右に洗面所、奥と左側に和室3室の間取り構成。
現況の間取り構成(構造体)を生かしながら、DKに単独の玄関を設け、和室2室を1室のLDK、残りの1室を寝室に改修する計画。