SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

小高の母屋 ー記憶を繋ぐ古民家リノベーションー

小高の改修工事は、「離れ」と「母屋」と「広場」の三つのエリアに亘るリノベーション計画です。
先行して2016年から「離れ」を住まいに改修して帰還のための暮らしのベースを整え、その後、親族間交流施設としての「母屋」と「広場」の改修に取り掛かり、2019年に完成しました。 「離れ」は、現代生活に対応するよう間取りから見直した全面的な改修でしたが、「母屋」は、職人の技術や使われている材料に歴史と伝統が感じられることから、囲炉裏の場と客間を現状保存するよう配慮しています。また、保存されていた「煤竹」と「古材」等も再活用して各所に設置しています。

  • 所在地   福島県南相馬市
  • 構造規模 木造地上2階建て住宅
  • 竣工時期 2019年7月
  • 敷地面積 877.00屐265.0坪)
  • 延床面積 196.08屐59.31坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
小高の母屋・囲炉裏の間3
01
囲炉裏の間を見る

小高の母屋・吹抜3
02
ダニング・吹抜を見る

小高の母屋・外観1
03
建物正面を見る

小高の母屋・中庭
04
中庭から母屋を見る