SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

「南吉成の家」−ポタジェのある森の家−

敷地環境を活かすため、室内空間と雑木林がデッキを介して繋がるよう敷地境界沿いに「く」の字に配置し、東側は菜園と果樹など配したポタジェとしました。
建物にリズミカルに設けた開口から室内と左右に雑木林、ポタジェが断続的に繋がり、ポタジェを見渡す趣味室では和室越しに雑木林を眺めながらお昼寝するお子様を見守り、また浴室からも森を一望できるなど、ここにしかない世界で一つの楽しく豊かな空間となるよう計画した住まいです。

  • 所在地   宮城県仙台市青葉区
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2016年7月
  • 敷地面積 386.93屐117.00坪)
  • 延床面積 176.09屐 53.2坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
南吉成の家 01 南吉成の家
01
北側外観。

南吉成の家 02  LDK
02
LDK。

南吉成の家 03  和室−デッキ
03
森とウッドデッキに繋がる和室。和室の奥にはポタジェを見渡す趣味・家事コーナー。

南吉成の家 05 子供室
04
子供室。