SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

福島の家 −三つのコートとカフェテラスのある家−

敷地は、福島市中心地に近い近隣商業地域内で北側・西側の往来が多い道路に接する角地に位置している。
建築は、「内包された開放空間」と「防犯とプライバシー」の視点から、中庭コートハウスのプランを採用し道路側視線に配慮しています。
各居室(LDK、キッチン、寝室、和室)間に3つのコートとカフェテラスを挟み込むことで日当たりと視線に変化を与え、居場所によって四季折々刻々と変わる住まいの風景を楽しむことができます。

  • 所在地   福島県福島市
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2015年3月
  • 敷地面積 433.18屐131.0坪)
  • 延床面積 157.80屐 47.7坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
福島の家01
01
北側外観。

福島の家02
02
LDK。左が中庭コート、右がカフェテラス。

福島の家03
03
カフェテラスはサッシを開放するとLDKと一体化する。

福島の家04
04
2階ロフト付子供室。右がコモンスペース。

福島の家05
05
一部屋根がかかり、光と風を取り込むコート。