SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

多賀城の家 −囲んで開くコートハウス−

田園を埋め立てた閑静な団地内の住宅計画です。
プライバシーに配慮する一方、自然風と太陽光を取込む手法として、建築を敷地境界に沿ったコの字プランを採用。
玄関を入ると、主人書斎、ダイニングキッチン、リビング、和室が連続配置され、コートを中心に開放しつつ包まれた安心感ある住まいに計画しています。

  • 所在地   宮城県多賀城市城南
  • 構造規模 木造地上2階建(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2014年3月
  • 敷地面積 200.06屐60.5坪)
  • 延床面積 159.45屐48.2坪)
撮影/今野 貴之(フォトスタジオ モノリス)
多賀城の家1-2・外観
01
南側道路外観。

多賀城の家4-2・コート
02
コート。

多賀城の家5・リビング
03
リビングからコート、ダイニングキッチンを見る。

多賀城の家3・和室
04
和室。

多賀城の家2・子供室
05
子供室には造り付けのデスクとベッド。