SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

大河原の家 −離れのある二世帯住宅−

閑静な団地内の南側道路に面し、周辺地は空地も確保され良好な週環境が確保されています。
冬季の風雪から守るよう北西に沿った「曲り家」に配し、平屋棟の親世帯と2階部の子世帯を渡り廊下状に繋げて付かず離れずのプライバシーを確保する一方、水回りを共有するLDK中心に配して世帯間の交流を図った住宅です。

  • 所在地   宮城県柴田郡大河原町
  • 構造規模 木造地上2階建(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2012年12月
  • 敷地面積 318.88屐96.4坪)
  • 延床面積 135.35屐40.9坪)
撮影/中吉 満(プロフィール・仙台)
大河原の家01
01
南側外観。

大河原の家02
02
リビングよりBBQテラスを見る。

大河原の家03
03
キッチン。

大河原の家04
04
キッチンよりリビング、吹抜を見る。