SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

紫波町の家 ―雪国の曲り家―

旧街道沿いで商店や住宅が面す一方、裏地は田畑が多く残る牧歌的な風情を感じる地域の中で、風格あるモダン和風住宅に建て替える計画。
建築を北西境界沿いに「くの字」に配置して、北西外壁は冬季の風雪を防ぐ「イグネ」の役割を持たせつつ南東側には穏やかな陽だまり空間と庭園を確保した二世帯住宅です。

  • 所在地   岩手県紫波郡紫波町
  • 構造規模 木造一戸建て住宅(ベタ基礎・在来工法)
  • 竣工時期 2012年3月
  • 敷地面積 907.01屐274.3坪)
  • 延床面積 増築部分:251.55屐76.0坪)
  •        既存部分:222.39屐67.2坪)
撮影/中吉 満(プロフィール・仙台)
紫波町の家01
01
敷地南東側より見る。

紫波町の家02
02
リビング。北側に夏のテラス、南側に冬のテラスを望む。

紫波町の家03
03
ダイニングから和室・リビングを見る。

紫波町の家04
04
和室。