SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

炭いちばん (炭火焼肉店)

元々物販店として建築された建物を利用し、飲食店に内外改装した店舗建築です。
客席を最低100席確保することと、有煙炭火焼肉を演出する内外装デザインが主な要望でした。
現況の大きな階段を中心に、一方を座敷宴会席、反対側の店全体を見渡せる位置にパントリー・厨房・サービスコーナー、そして道路側間口方向に客席を配置し、客席とそのサービス動線にも配慮した計画としてあります。
無煙ダクト焼肉とは違い、五感を刺激する有煙炭火焼に対応する独自のセルフクッキング装備として、照明・フィルター組込フードと取り外し可能な塀込付テーブルの開発も行いました。

  • 所在地  仙台市青葉区堤町
  • 構造   鉄骨造地上2階建(既存)
  • 竣工   1998年4月
  • 敷地面積 334.17
  • 延床面積 429.30
  • 営業時間 10:00〜24:00
  • 電話番号 022-233-6489
撮影/中吉 満(アートプロフィール)

01
道路側全景。
外観は既存建物に店舗としての装備を設置し、改装している。


02
階段越しに1階エントランス、2階客席方向を見る。
既存スチール手摺りに合板や波板を取付け、演出を図っている。


03
道路側客席から階段方向を見る。
既存にあった床の穴にプリズムガラスを組込んでライティングしている。


04
客席全景。
堀込みのあるテーブルを製作し、七輪を食べやすい高さに調整している。


05
個室内観。
3室連続させ、大広間としても使用できる。