SPAZIO

株式会社SPAZIO建築設計事務所

黒松の家 −ガレージ倉庫のある5スキップハウス−


狭小で前面道路に傾斜と段差がある敷地特性「敷地力」を最大限活用することを主題とした住宅計画です。
断面計画は、最下部に倉庫、GL面は寝室と浴室回り、道路中央レベル付近に玄関と車庫を、その上中間には洋室と便所、最上部には居間・台所・洋室と、5つのスキップフロアー構成により狭小スペースの中で豊かで変化ある空間を創出しています。
5つのフロアーをつなぐ中央階段の上部やねにはトップライトを設け、玄関ホールを通じて最下階まで光が降り注ぐよう配慮しています。
また、日照とプライバシーの観点から最上階に設けられた居間からは、バルコニー越しに森林が眺望でき、日常生活に安らぎを与えるよう計画されています。

  • 所在地  仙台市泉区旭丘堤
  • 構造規模 木造地上2階建(杭基礎・在来構法)
  • 竣工時期 2004年3月
  • 敷地面積 111.94屐33.8坪/段差狭小敷地)
  • 延床面積  88.71屐26.8坪)

撮影/中吉 満(アートプロフィール)

01
南側全景。
1階中央が玄関、その左が車庫。車庫下には広い倉庫がある。


02
東南方向より見上げる。
急勾配の前面道路と段差の敷地を生かして、ステップフロアー構成の変化に富んだ空間づくりを行なっている。


03
玄関ホールから階段室を見る。
半階下ると寝室・ラバトリー、半階上ると洋室・便所、その上最上部が居間・食堂。トップライトから明るい光が降り注ぐ。


04
居間から食堂・台所方向を見る。
2階にある事と高窓により明るい空間となっている。


05
居間から東方向を見る。
バルコニー越しに森林が望める。


06
ウッドデッキのある寝室。
間接光がやわらかい空間を演出する。